千葉で選ばれる永代供養

少子化の影響もあってか、東京のベッドタウンである千葉でも、墓じまいや永代供養について語られることが多くなってきました。
家族葬など葬儀の簡略化傾向とともに、お墓そのものに対する考え方も大きく変わって来ています。


千葉の霊園でも、従来の墓地区画のほか樹木葬や合同の永代供養墓などが設けられるようになり、これまでの先祖代々の古い墓所を墓じまいしたり、樹木葬の墓所に改葬するなどのケースが増えています。

埼玉の永代供養墓が気になる方はこちらへご来訪下さい。

本来の永代供養は一代に限った供養の形で、死後の供養を寺院や霊園に任せる方法ですが、最近は共通の合祀墓に埋葬するタイプや、ロッカー形式の納骨堂で管理・供養してもらうタイプ、仏像や石碑の下に納骨、あるいは樹木葬で合同供養といった方式など、多岐にわたっています。

All Aboutに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

霊園管理者や業者によって概念が異なっている面もあり、従来のお寺による永代供養とは用語のニュアンスが微妙に変わっていますので、墓じまいや永代供養墓などについて親族と話し合うときなど、注意しておくと良いでしょう。


もともと自然公園のような風情の霊園が多い千葉では、樹木葬の形式で緑豊かな地への納骨や散骨を望む人が増えており、通常の墓石が並ぶ区画よりも、日当たりが良く、樹木や花が多いガーデン形式の埋葬地が目立って来ています。


日々の生活スタイルを自分で選ぶのと同様に、自分が埋葬される場所や雰囲気も望み通りにしたいという考え方で、あらかじめ霊園などを見学して遺言を残す人は、今後、千葉でも増えていくと考えられます。